オンラインカジノで物欲爆発

仮想通貨はエコペイズ入金手数料無料

仮想通貨はエコペイズ入金手数料無料

仮想通貨はエコペイズ入金手数料無料です

銀行振込や専用プリペイドカードは手数料が発生するため、少しでも節約をしたい人におすすめになっています。

ただし、取引所側の送金手数料は発生するため、金額や入金したい仮想通貨によって大きな差ができるのも事実です。

手数料を節約したい場合は、仮想通貨取引所選びからはじめるのがおすすめです。

手数料無料は大きなメリット

エコペイズに入金をする場合の手数料は、仮想通貨が一番安く設定されています。

ローカル入金の「Alternative Payments」を選択すると、ビットコイン以外の仮想通貨でも入金ができます。

入金にかかる手数料は無料で、銀行振込の5%、専用プリペイドカードの2.9%と優遇されているのです。

まとまった金額を入金したい場合や、頻繁な入金が考えられる場合は、仮想通貨の方がお得になります。

ビットコイン以外のどの仮想通貨が利用できるかは都度確認が必要ですが、価格が安い分送金手数料が安いものや、価格の変動がおきにくく使い勝手が良いものもあります。

仮想通貨を投資目的に使うのではなく、実用したい人におすすめできる使い方の一つになっているのです。

送金無料の取引所を選ぶ

送金無料の取引所を選ぶ
ビットコインを取り扱う仮想通貨取引所は非常に多く、国内、海外問わずに存在しています。

仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨取引所で購入するのが一般的で、送金や受取にも便利なのが魅力です。

注意したいのは、仮想通貨取引所にそれぞれ特色があり、利用の手数料も異なる点です。

エコペイズへの入金目的で利用する場合、購入の手数料と送金の手数料が安いのが理想です。

仮想通貨の価値が上がることによって、送金手数料自体が高くなるケースや、小額の送金では割にあわなくなる場合があります。

特にビットコインの送金手数料は増加傾向にあり、気軽に送金することが難しくなっているのです。

送金手数料を安くするために、ビットコイン以外の仮想通貨に変えることまで視野に入ります。

送金の手数料を少しでも安くしたい場合は、送金手数料自体が無料の仮想通貨取引所を選ぶのがおすすめです。

日本国内にはビットコインを含む、仮想通貨の送金手数料を無料に設定している取引所があるからです。

取引所選びからはじめれば、手数料を大幅に節約できる場合があります。

口座開設や購入には注意

エコペイズに仮想通貨で入金すれば、手数料が節約できます。

しかし、手数料を節約するために、仮想通貨取引所のアカウントを作るとなると、ある程度手間がかかります。

仮想通貨取引所は、本人確認を厳重に行うことが多く、クレジットカードで気軽に仮想通貨を購入することも難しいからです。

エコペイズの入出金にも本人確認が必要ですが、仮想通貨取引所のアカウントも作るとなると、単純に2倍近い手間がかかります。

使いまわせる画像やデータが多いものの、どうしてもやりとりが増えます。

ビットコインなどを購入する場合は、専用口座に入金するのが一般的で、振込料なども発生しがちなのがネックです。

全ての手数料をゼロにして、お得に入金するのは難しいのです。

ただし、すでに取引所の口座を持っている人や、仮想通貨を持っている人は手間を省くことができます。

仮想通貨を他の取引所に送金し、手数料が安い状態で使えば節約になるからです。

仮想通貨入金を受け付けているオンラインカジノも存在し、直接入金できるケースもあります。

手間に見合うかを考えつつ、調整して選ぶのがおすすめです。

仮想通貨ならではのリスク

仮想通貨ならではのリスク
エコペイズで入金手数料を減らしたいのであれば、購入したビットコインなどをすぐに入金してしまうのがおすすめです。

エコペイズ入金は仮想通貨ではなく、選択した口座の法定通貨に両替されます。

仮想通貨のまま保管されるわけではないため、急激な価値の変化が起きるリスクを避けられるのです。

仮想通貨は価値の変動が激しく、購入時と使うとき、あるいは売却するときと価格差が生じることが多くなります。

購入してしばらくすると、価値が大きく変化することは珍しくなく、損をしてしまうこともありえるのです。

海外通貨よりも変化が早い傾向があるため、実用目的であれば素早く使ってしまった方が影響を減らせます。

エコペイズ手数料を減らす

エコペイズは、ビットコインを含めた仮想通貨の入金に対応していて、入金手数料が無料に設定されています。

うまく生かすことで手数料負担を減らし、お得に使えるようになっています。

ただし、仮想通貨は取引所ごとの送金手数料の違いが大きいため、確認してから検討するのがおすすめです。

新規で口座を作る場合は、手間がかかることにも理解が必要です。

エコペイズに入金ができても、出金に仮想通貨が使えないのもポイントになります。

人によって生かせるメリットが異なるため、他の入金手段とも比較するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。