オンラインカジノで物欲爆発

ネットカジノのプレイヤーが摘発されてしまう原因とは?

日本では公営ギャンブルの競馬や競艇、パチンコ・パチスロなどが昔からお馴染みのギャンブとして存在しますが、ここに来て注目を集めているのが本格的なギャンブルを気軽に楽しめるネットカジノです。

ネットカジノで遊ぶこと自体は違法ではありませんが、ハッキリと合法とも定義されていないグレーゾーンという扱いなので、誤った利用で摘発対象とならないよう多少の知識は必要です。

ここでは、ネットカジノのプレイヤーが摘発されてしまう原因を詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。
自宅で気軽に楽しめるネットカジノですが、お金を賭ける本物のギャンブルであるということを忘れてはなりません。

ネットカジノが国内拠点だった

ネットカジノが国内拠点だった
日本国内からネットカジノにアクセスして遊ぶことは違法ではありませんが、これは利用するネットカジノが海外に拠点がある場合に限られます。

なぜ海外のネットカジノかというと、日本国内ではカジノの運営はオンラインも含めて禁止されているからです。
つまり、もし日本国内を拠点に運営されているネットカジノがあるとすれば、それは違法で真っ当なネットカジノではないということになります。

もしこのような違法ネットカジノを利用すると、プレイヤーも摘発の対象となるリスクがあるのです。
過去には実際、日本国内に拠点があるネットカジノが摘発され、プレイヤーも危うく逮捕されそうになった事件が起きています。

日本人専用のネットカジノも危険

大手のネットカジノを中心に、日本市場へ進出する動きが活発化しており、サイト表記やサポートサービスの日本語化などが積極的に行われています。

また日本人向けのイベントを定期的に開催したり、特別ボーナスを提供するなど、日本人プレイヤーの獲得にも力を入れています。
このような日本人向けサービスの向上は問題ありませんが、ギャンブルに関わる部分で日本人に特化しすぎると摘発のリスクがあるのです。

過去に起きたスマートライブ事件では、イギリスを拠点とするネットカジノが、日本人専用のテーブルを用意し日本人ディーラーを使ったゲームを開催したため、プレイヤー3人が略式起訴で罰金が課せられたケースがあります。

これは警察が日本国内で日本人が集まって賭博を行っていると判断したため行われた摘発なので、あまりに日本人に特化したサービスは避けた方が無難です。

インカジ店は完全に違法

インカジ店は完全に違法
インカジ店は店舗を構えてネットカジノを遊ばせる違法の遊戯施設です。
このように店舗や施設を構えてギャンブルができるのは、日本国内では公営ギャンブルの競馬や競艇やパチンコなどに限られています。

インカジ店は合法のネットカジノ使っていますが、店内で現金のやり取りをするので賭博法に抵触し摘発の対象です。

摘発されるのはインカジ店の運営者だけでなく、遊んだ客も摘発されるので注意が必要です。
摘発されれば単純賭博罪が適用され、たとえ罰金刑で済んだとしても前科者となってしまうので甘い考えはやめましょう。

中には合法のアミューズメントカジノ風に偽装して営業している悪質なところもあるようなので、怪しい店舗には入らないようにしましょう。

自分のネットカジノアカウントを第三者に貸す

自分のネットカジノアカウントを第三者に貸す
ネットカジノは自宅でゲームアプリのように気軽に遊べてしまうため、友人などに遊ばせたくなる気持ちは分かりますが、これは非常に危険な行為です。
ネットカジノのアカウントは登録者本人だけが遊べるという規約になっており、もし第三者に貸して遊ばせれば、賭博の場を提供したとして摘発の対象になってしまいます。

例えば友人から現金を受け取って、これを自分のアカウントに入金し、もしゲームに勝ったら勝利金を出金して渡すというのは、インカジ店と同じ行為で完全に違法です。

金額に関係なく賭博罪が適用されるので注意しましょう。
さらにアカウントを第三者に使わせていることが発覚すると、ネットカジノの運営からアカウントを閉鎖され、勝利金などが没収されることもあります。

家の中でやっていることなのでまずバレることはないでしょうが、万が一ということもありえます。
些細なことで人生を棒に振らないよう、注意してネットカジノを楽しみましょう。

まとめ

ネットカジノのプレイヤーが摘発されてしまう原因を詳しく解説してきましたが、参考になったでしょうか?
日本国内からネットカジノで遊ぶことは違法ではありませんが、これは利用するネットカジノが海外に拠点がある場合に限られ、日本国内に拠点があった場合は摘発される可能性もあります。

また日本人専用テーブルなど、あまりに日本人に特化したサービスは、日本国内で賭博が行われていると判断され摘発される恐れがあるので避けた方が無難です。

また店舗を構えてネットカジノを遊ばせるインカジ店は、完全に違法の遊戯施設なので利用しないようにしましょう。
ネットカジノのアカウントを他人に貸して遊ばせる行為は。賭博の場を提供したとして摘発の対象になってしまいますので、友人や家族に頼まれても遊ばせないようにしましょう。

これからネットカジノを検討している方には、ベラジョンカジノやラッキーニッキーカジノ、ジパングカジノなど信頼性と実績がある大手ネットカジノをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。